ドクターメール相談 メール予約

ご予約・お問合せ(休診日:月、火、日)
03-5545-5480

目元(目の下)のたるみ・くまは早期治療で切らずに自然に

2016年11月24日

こんにちは。11月なのに。。雪が降っていますね。 寒くなってきたので、当院では手術室には電気毛布も入れました。

本日は目のクマと目元のたるみのご相談。

患者様はなぜか目の下のしわのせいで、それはボトックスで治ると思っていたみたいでした。。。

が、この目の下のたるみの原因は眼窩脂肪というふくらみが原因です。

あまりにひどくなると皮膚が余ってしまうので目の下の切開が必要ですが、早期であれば目の裏側から切らずに治療できます。

眼窩とはその名の通りくぼんでいるものですが、脂肪が出るとその下が、陰になり、よりクマっぽく見えてしまいます。

下眼瞼脱脂(経結膜的)のご紹介です。

 

 

 

 

施術直後のお写真です

左側(向かって右)の目の下の内側は少し内出血が出てしまいました。 翌日からお化粧可能ですので1週間ほどコンシーラーで隠していただきます。

こちらが取れた脂肪です

目元(目の下)のたるみ・くまは早期治療で切らずに自然に

疲れた印象が、だいぶ変わります。

実はこの施術なぜか年内キャンペーン中です。

 

余談ですが、周りの美容の医師たちが議論していました、

①この脂肪を全部取ってしまうとさらに窪んで、注入が一生必要になる

②もともとの窪みのせいだから脂肪は取れるだけ全部取ってしまう

 

とのこと。。

美容医療は、見た目の治療です。

当院では、実際に取り出した後、起き上がって確認し、患者様とご相談の上、追加で除去するか、決めています。

内出血が落ち着きご満足いただけていたら嬉しいです。モニターさんありがとうございました。

 

下眼瞼脱脂の治療内容の詳細、価格、副作用はこちら

 

ご予約・お問合せ

03-5545-5480

アクセス

東京メトロ千代田線
赤坂駅 4番出口 徒歩0分

[住所]
東京都港区赤坂5-4-6
赤坂三辻ビル5階

診療科目

美容皮膚科/美容外科
麻酔科

美容ブログ
採用情報
アラガン
AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック タワー皮膚科形成外科武蔵小杉 とだ皮膚科クリニック
ページトップ