ドクターメール相談 メール予約

ご予約・お問合せ(休診日:月、火、日)
03-5545-5480

症例写真・目の下のふくらみ取りパーフェクト法

2020年03月20日

ご年齢を重ねて徐々に目立ち始める目の下の眼窩脂肪ですが、
人によっては若い方にも目立ってらっしゃる方は多いです。

どちらも早めに脂肪を取り出して目の下の皮膚のたるみに繋がる前に対応することをおすすめします。

                      

 

涙袋の下にうっすらふくらみと影が目立っているのが分かります。

このふくらみが眼窩脂肪であり、さらにその下に影を作ります。

そのため、目元がやつれて疲れた印象になってしまいがちです。

こちらの施術は皮膚の表面に傷を作らずに下瞼の裏の粘膜から小さな穴をあけ、

なかの脂肪を引っ張り出します。

粘膜はすぐに修復され傷がくっつくため、表面の皮膚を切るよりダウンタイムが少なめの施術となります。

パーフェクト法では痛みやダウンタイムを最大限抑えたメニューとなっており、

脂肪を取って少し凹みが出た部位にはヒアルロン酸を注入し、綺麗に整えます。

目の下がキュッと締まって涙袋がよりはっきり目立っています。

目元は施術前よりもすっきりとした印象となります。

 

 

後々、脂肪が目立ってきてからでの施術ですと、

脂肪に押された皮膚も進展し、下瞼のたるみが進行してしまうため、

よりきれいにするためには、下瞼の皮膚を切除することが望ましいですが、

その場合傷口が目元表面に出てしまうため、ダウンタイムが長引いてしまいます。

 

気になったとき、早めの施術をおすすめします。

まずはお気軽にご相談お待ちしています。

 

下眼瞼脱脂の詳細・副作用・料金はこちら

ページトップ