ドクターメール相談 メール予約

ご予約・お問合せ(休診日:月、火、日)
03-5545-5480

失敗しないために!二重埋没法

2018年05月24日

こんにちは、工藤ですヤングオイスター:やぁ!

まだ5月なのに夏の装いの方が多いですね💡

朝晩は肌寒いことが多いので服選びも大変です💦

 

本日は二重まぶたについてです👀

目元からの印象って大事ですよね。

以前から何度も申し上げていますが、私は根っからの一重まぶたで付けまつげ・アイプチのヘビーユーザーでした(笑)

 

初めての二重埋没法をしたのが24歳の時。とりあえず二重になりたかったので自然に見える感じでやりました。が!2年も経たない内に気に入らず二度目の埋没をしました。

 

 

左が1回目の二重の時で自然ではあるのですが、欲張りな私は平行型を希望し右の写真のようになりました。

 

日本人の目は目頭から二重の線をつけると自然に見えます。これは蒙古(もうこ)ひだが関係しています。

私も蒙古ひだが強めなのですが、無理を言って3点止めで施術しました。

二重の幅も10㎜を超えると不自然に見えるを言われますが、私の場合は10㎜を優に超えています。

 

あまり欲張りすぎるとかえって大きく見せたかったはずなのに眼瞼下垂がひどくなったり、アンバランスなことになりますので二重のラインを決めるのはじっくり時間をかけて行います。

 

二重まぶた埋没法についての治療内容の詳細・価格・副作用はこちら

ご予約・お問合せ

03-5545-5480

アクセス

東京メトロ千代田線
赤坂駅 4番出口 徒歩0分

[住所]
東京都港区赤坂5-4-6
赤坂三辻ビル5階

診療科目

美容皮膚科/美容外科
麻酔科

美容ブログ
採用情報
アラガン
AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック タワー皮膚科形成外科武蔵小杉 とだ皮膚科クリニック
ページトップ