ドクターメール相談 メール予約

ご予約・お問合せ(休診日:月、火、日)
03-5545-5480

二重 埋没法 とれた

2016年10月10日

%e7%a7%81こんにちは。

切らない美容皮膚科・外科でたるみのご相談の次に多いのが、二重のご相談です。

埋没法はやはり永久ではないので、ラインが落ちてきたり、取れてきたり、たるみにより幅が狭くなったりと、一度他院で埋没法のご経験がある方のご相談が多いです。

 

たるみがひどい方や、蒙古ひだが強く無理な二重を望む方、眼瞼下垂がひどい方は埋没法の適応ではありません。

 

 

今回ご紹介させていただくモニターの患者様はなんと本日ご来院くださった患者様です。(速報です w)

他院で一度ご経験があり、もう少し広げたいとのことでした。

目を開くとほぼ一重に見えます。

 

 

向かって右側の左目はやや眼瞼下垂気味で窪み目になっていますので右目よりはラインの入りが浅くなることをご了承の上埋没法を二点ずつ行いました。(ちなみに眼瞼下垂は軽度であれば非切開のタッキング法で可能です。)

蒙古ひだも強く、余剰皮膚も多いのでできる限りの広めのライン(伸ばして10mm弱)のところで留めました。

 

これ以上の二重幅は目の上のたるみ取り二重の切開法目頭切開が必要になります。

cats

 

 

 

 

 

直後のお写真です。経過は後程上げさせていただく予定です。

 

腫れは出ていますが、可愛らしい感じになりました。気になっていた左目(向かって右)もラインが入りそうです。

(腫れないように、ゆるく縛ると食い込みが弱いです。腫れないように皮膚をすくう距離を短くすれば、取れるのも早いです。腫れは必ず引きますので、私はその場限り腫れなければとは思いません。腫れすぎも困りものですが。。)

 

もちろん切開のご手術がOKなのであればもう少し目頭側のラインも出せます。

ただ切りたくない方も多いはずです。

そして内側は蒙古ひだが強い方に無理やり止めてもすぐ外れてしまいます。

 

その方のご希望に合わせて手技的にできること、許されるダウンタイムと、今後のことすべて踏まえたうえで、アドバイスさせていただいていますペコリ デコメ絵文字

 

 

詳細、価格、副作用に関してはこちら

ご予約・お問合せ

03-5545-5480

アクセス

東京メトロ千代田線
赤坂駅 4番出口 徒歩0分

[住所]
東京都港区赤坂5-4-6
赤坂三辻ビル5階

診療科目

美容皮膚科/美容外科
麻酔科

美容ブログ
採用情報
アラガン
AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック タワー皮膚科形成外科武蔵小杉 とだ皮膚科クリニック
ページトップ