ドクターメール相談 メール予約

ご予約・お問合せ(休診日:月、火、日)
03-5545-5480

スレッドリフトの種類 口元のたるみとほうれい線

2017年01月16日

こんにちは。

たるみのお悩み別部位としては、

ほうれい線、口元のマリオネットラインのたるみ、目元のたるみのご相談が多いです。

スレッドリフトには数多くの種類があります。

一番のお勧めはミントリフトミニスレッドリフトシェイプの組み合わせです。

ミントリフトミニはダウンタイムが少なく針穴もお顔に出ないタイプの糸です。フェイスラインを整えたり口元のたるみには効果抜群です。

スレッドリフトシェイプは下から支えるタイプの糸で、ボリュームの移動に使います。特に、ほうれい線が気になる方は恐喝の高さが落ちてしまっている方が多く、頬がのっぺりしている方が多いです。ほうれい線の上まで落ちてしまったお肉を上に持ち上げると胸骨が高く見えて、若々しくなります(針穴はお化粧で隠していたいただきます(約1週間))。

もちろん好みのお顔はあると思いますので、ご相談により糸の種類を決めています。

 

今回のご紹介の患者様はミントリフトミニを2本ずつフェイスラインに、スレッドリフトシェイプ(針穴は鼻横のところ)1本づつを法令線に入れています。

お悩み別に糸を使い分け、なるべく少ない本数で、自然にあげるのがおすすめです。 モニターさん募集していますので、ご興味ある方はご連絡くださるとうれしいです。

 

 

スレッドリフトの治療内容の詳細、価格、副作用はこちら

ご予約・お問合せ

03-5545-5480

アクセス

東京メトロ千代田線
赤坂駅 4番出口 徒歩0分

[住所]
東京都港区赤坂5-4-6
赤坂三辻ビル5階

診療科目

美容皮膚科/美容外科
麻酔科

美容ブログ
採用情報
アラガン
AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック タワー皮膚科形成外科武蔵小杉 とだ皮膚科クリニック
ページトップ